企業理念

idea[1]

企業理念

私たちは受託100%の健康食品メーカーです。 創業以来「健康食品」を通じて人々の健康に貢献できるよう、日夜研究開発に努め、より安全かつ高機能な商品作りを目指しています。

インタビュアー 平田まり X 代表取締役社長 新垣 健(企業理念)

 

日本ランチェスター工業の5つのものづくり

一言で健康食品OEMメーカーと言っても、受託した商品だけでなく、つくらなければならないものが5つあります。私たち日本ランチェスター工業株式会社は、これらをつくるために社員全員一丸となって、全力で取り組むことを誓います。

商品づくり
私たちはお客様のニーズに対応するため、原材料の仕入れから包装までの全行程を手がけています。食品素材も自社で開発し、自社農場で無農薬栽培を行っています。
錠剤やカプセル化に関しても独自のアイデアを活かし、オンリーワン商品の企画開発を心がけています。
体質や症状は一人ひとり違うので、自分にあったものを納得して選んでいただけるよう、これからも商品を作り続けていきます。
安心づくり
カプセルや錠剤といっても、直接口に入れる“食品”であることに変わりはありません。
そのため、私たちは原料の種を仕入れて栽培するところから商品づくりをしています。
さらに、臨床試験などで安全性が確認されている天然素材を使用し、機械ではチェックできない異物混入や割れた錠剤・カプセルなどは目視検査を行うなど、品質管理に妥協は一切許していません。 そして、体験者のコメントや成分の説明を大きく紹介できる通信販売の業者に主に納入しています。体にも自然にもやさしい商品をつくるーそれが私たちの使命です。
信頼づくり
より良い健康食品は、よりよい信頼関係があってこそ生まれます。
私たちは単なる製造ラインで終わるのではなく、消費者・お客様の視点や声を大切にして、お客様本意で商品をつくりあげていくようにしています。
人づくり
当たり前のことではありますが、私たちは何よりもあいさつを大切にしています。
お客様に対してはもちろんのこと、社員同士でもきちんとあいさつを交わし、いつも笑顔で明るく楽しい社風をつくるよう心がけています。
相手を思いやる心を大切にすると同時に、自分の役割を万全を果たして正直に行動できる社員を育てています。
未来づくり
国内だけにとどまらず世界へと羽ばたき、国内外の優秀な企業と提携し、グローバルに展開していくこと。それが今の私たちの目標です。
また、亜熱帯である沖縄の豊富な薬草やハーブの良さを最大限に使い、将来的には食品・医療品・化粧品の分野への市場拡大も視野に入れています。
いつの日か、世界中の人が私たちの商品によって、より元気で健やかな日々を過ごせることを祈りながら、その日に向けて一歩一歩前進していこうと思います。

インタビュアー 平田まり X 代表取締役社長 新垣 健(企業理念(その2))

インタビュアー 平田まり X 代表取締役社長 新垣 健(未来づくりとビジョン)